2018年7月16日 (月)

フランス、2度目の戴冠

フランスがクロアチアを4-2で撃破。

グリースマン、ポグバ、そしてエムバペ。若い力がワールドカップを制した。

さすがにクロアチアは力尽きた。ここまで厳しい戦いを続けてきたクロアチア。いいサッカーを見させてもらった。

でも、今大会のNO1チームはベルギー。おもしろいサッカーだった。

さあ、また4年後。

ビッグクラブの争奪戦もはじまる。

ここからどう動いていくのか。

メッシ、ロナウドに取って変わるのはエムバペか。

今年のバロンドールは誰になるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

決勝はフランスVSクロアチア

フランスがベルギーに勝ち、クロアチアは決勝トーナメント3試合連続の延長で決勝進出。

フランスの後半の戦い方にはガッカリ。もっとスペクタクルなサッカーを見たかった。でも、勝ち切ったのだから、デシャンの勝ち。

一方のクロアチアはデンマーク、ロシア戦と2試合続けて延長、PK戦を制して、イングランド戦は延長後半4分に勝ち越し。最後まで高い位置でた戦ったクロアチア。2-1で勝ち、初の決勝進出。

ここまできたら、クロアチアの初優勝をみたい。

優勝してモドリッチがバロンドール獲得だ。

ウィンブルドンは錦織君がまたジョコビッチに敗けた。なにが足りないんだろう、紙一重なんだけど…。

フェデラーも負けて、ナダルとジョコの決勝か。ここはナダルの18個目のGSに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

フランス、ベルギー、イングランド、そして…

ベスト4、最後の切符は壮絶な死闘でPK戦。ロシアがここまで頑張るとは…。

フランスがウルグアイを破り、ベルギーがブラジルに勝った。

ベルギーはGS、決勝トーナメント1回戦の日本戦とは打って変わって守備がよかった。NO1キーパーとの呼び声の高いクルトワも本領発揮。

イングランドはスウェーデンに完勝。

PK戦はクロアチアが勝った。下馬評の低かった開催国のロシアは見事な戦いだった。クロアシアはこの次、万全の状態で試合に臨めるのか。

さあ、準決勝。

3位決定戦を入れてワールドカップもあと4試合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

8強、出揃った。

日本はベルギー相手にあわやの…。

2点取ったときには勝てるのではと思わせた。

ベルギーも1点目が入るまでは機能してなかった。あの、折り返したボールがゴールに吸い込まれたことによって、すべてが好転した。

そしてあの鮮やかなカウンター。残り1分もないなかでの最高のカウンター。美しすぎた。

でも、よくやった。まさか、こまさか、ここまでやるとは予想だにしなかった。

ロシアの健闘といい、今回は世界の差がなくなっているような…。

フランスVSウルグアイ。どっちに転ぶか。エムベバが躍動すればフランスだが。

ブラジルVSベルギーはベルギーの守備には目を瞑って、ベルギーの爆発に期待したい。

フランスとベルギーの打ち合いを見たい。

ロシアVSクロアチアは順当にクロアチア。

スウェーデンVSイングランドはスウェーデンに賭けてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

メッシ、ロナウド、消えた

決勝トーナメント1回戦。

フランスは19歳の新星エムバペが躍動。アルゼンチンを粉砕。メッシはまたも輝くことはでできなかった。

ポルトガルのロナウドもウルグアイに敗けて、ここ10年、バロンドールを獲得し続けている二人がいなくなった。

今年のバロンドールはモドリッチかな。レアルでCL勝っているし、決勝までクロアチアを導くことができれば…。

ついでに今日の競馬

福島 ラジオ7NIKKEI賞

2連勝のフィエールマンが無傷の3連勝か。

相手にグレンガリー。

穴で1枠1番のロードアクシス。

3点BOXで。

中京 CBC賞

トウショウピストの逃げに賭ける。

アクティブミノル、セカンドテーブル、あとは3歳馬のアサクサゲンキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

日本、まさかの決勝トーナメント進出

3戦全敗だと思っていた日本が1勝1敗1分けの勝ち点4で決勝トーナメント進出。

決していいサッカーをしているとは」思えないが…。

セネガルとは勝ち点4で並び、今大会から採用されたフェアプレーポイントの差で突破した。

残り10分の戦い方には賛否両論あるだろうが、もう少しうまくでできなかったもものか。

ただ、これでセネガルが1点と取って追いついていたら、もう西野監督も立ち直れない状況に追い込まれていただろうな。勝ったもん勝ち。結果は吉と出たからいいが、あの時点では取るべき戦術じゃなかったような…。

まあ、これで16強が出揃った。

注目のベルギーVSイングランドは両チームとも先発9人入れ替えて主力を温存した。本音を言えばどちらも負けたほうが楽なブロックにはいることがでできる。

ベルギーが勝ったことで、えらい組み合わせ。

ベルギーは日本戦に勝っても次はたぶんブラジル。

さらに、ウルグアイVSポルトガルの勝者にアルゼンチンVSフランスの勝者。ここを勝ちあがってきた相手との準決勝。

ただ、強いところとやって波にのることもあれば、消耗するケースも…。

もう片方のブロックはクロアチア、スイス、コロンビアあたりか。

希望はアルゼンチンVSクロアチアの再選を見てみたい。

なんだかんだ言ってもメッシ。メッシが真のスーパースターになれるか。マラドーナ超えを果たすことができるか。

これが最後のチャンスだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

アルゼンチン突破も、まさかドイツが…

やっとの思いでアルゼンチンが決勝トーナメント進出。メッシのスーパーゴールで先制も後半開始早々にPKで追いつかれる。

なんとかの残り5分で勝ち越したが、決して褒められる内容じゃない。それでも敗退しなかったことは大きい。決勝トーナメント1回戦はフランスと。さらに勝っても、ウルグアイVSポルトガルの勝者と。

でも、逆にここでフランスに勝つようだと一気に波に乗る可能性も…。すべてはメッシの出来如何だが…。

ディマリアや、マラスキーノの衰えが…。パボン、ロセルソ、メサらの若いやつを使った方がいい。

メッシはメッシでいてほしい。

大波乱が起きたのはF組。まさかドイツが韓国に敗けるとは…。これがワールドカップか。歴史に残る波乱だろう。助かったのはメキシコ。スウェーデンに0-3の完敗も2位突破。

なんだが決勝トーナメントも偏った組み合わせに。G組のベルギー、イングランドは2位のほうが楽に戦えそうな…。

逆に日本のいるH組は1位突破だと…。

今日で16強が出そろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

どう見ればいいのか…

今回のワールドカップ。想定外のことが起き続けている。

まずヨーロッパ予選でイタリア、オランダが出場を逃したことから始まって…。

3戦全敗かと思っていた、日本がここまで1勝1分。最終戦のポーランドは2連敗で敗退が決まった。まだまだ予断は許さないが、ポーランドは空中分解でレバンドフスキ欠場の噂も…。

流れは日本だ。ツキもある。コロンビア戦の開始3分のレッドカード。セネガル戦の1点目なんて柴崎のロングパスに長友がトラップミス、これが結果的にいいところに転がって乾のゴールを生んだ。

ただ、あくまでも予想は2-0でポーランド。すべての予想がはずれれば決勝トーナメント決定だが。

A組は割と順当でウルグアイとロシアが突破。

B組はビックリ。モロッコとイランの方がスペイン、ポルトガルよりもいいサッカーをしていた。結果的にスペイン1位、ポルトガル2位だが…。

特にモロッコは1勝もできなかったが、おもしろいサッカーをしていた。

C組はフランスが突破。デンマークとオーストラリアの2位争いはデンマークか。

問題はD組のアルゼンチン。クロアチアにまさかの0-3。ナイジェリアに勝てばアイスランドの結果次第。クロアチアはほぼ1位突破を決めているからメンバーを落としてきそうだし…。メッシが奇跡を起こせるか。

E組もブラジルがモタモタしているせいで混戦。スイスはコスタリカには勝ちそうだから、セルビア相手に不覚を取るようだと…。

F組はメキシコ、ドイツ、スェーデンが2勝1敗で並ぶ可能性がある。メキシコ、ドイツが有利だが…。ドイツはスェーデン相手に大苦戦。さすがに韓国相手には勝つだろうが…。

G組はベルギー、イングランドが順当。あとは1位通過がどっちかだけ。

今回のワールドカップは先が読めない。

どこが優勝するのか皆目見当がつかない。

そういえば前回のミニTOTO、しょぼい配当だったが当たった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

日本、勝った

まさかの開始3分での相手DFのハンドで一発退場。冷静に香川が決めて先制。

同点に追いつかれたあと、後半CKから決勝点。

コロンビアに勝った。ハメス投入は日本にとってプラスになった。

H組のもう1試合はセネガルが2-1でポーランド撃破。

なんと、FIFAランキングがまったく逆の順位になった。

ただ、まだGS突破は簡単じゃない。

次のセネガル戦もまともなら勝てないだろう。

ポ-ランド-コロンビアの結果も気になるが、引き分けに持ち込めるようなら望みも出てくるが…。

一通りの対戦が終わったが、優勝候補でいい戦いをしたのはベルギーくらい。

スペイン、ポルトガルはもう1試合見てみないと…。

フランス、イングランドは勝ったがサッカーそのものは…。

ブラジル、ドイツは大丈夫だろうが、メッシ頼みのアルゼンチンはクロアシア、ナイジェリアと気の置けない相手。

監督は戦術はメッシと言ってるらしいが、ほかのサポートがないと…。マラドーナはカニーヒャを走らせていた。タレントはいるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

ああ、メッシ…

アルゼンチンがアイスランドと引き分け。正直、ガッガリ。メッシ頼みの単調な攻撃は相変わらず。ボカのパボンをもっと早い段階で投入していれば。

まあ、メッシがPKを外さなければ何の問題もなかったのだが…。

それでも、勝たなきゃ。

その点、フランスは勝った。ここも正直フランスのサッカーにはガッカリだったのだが。

1次リーグ屈指の好カード、ポルトガルVSスペインは壮絶な打ち合いの末3-3の引き分け。スペインのパスサッカーは健在。スペインの評価を下げていたのだが…。

でも始まったばかり。アルゼンチンは修正してくるだろうし、メッシもこのままじゃ終われない。

ブラジル、ドイツ、ベルギー、コロンビアがどんなサッカーを魅せてくれるのか。

お楽しみは始まったなかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧