« フェブラリーS | トップページ | バルサ、世紀の大逆転 »

2017年3月 5日 (日)

弥生賞

昨日の桜花賞トライアルのチューリップ賞はソウルスターリングが快勝。

さらに進化した印象。チューリップ賞組では逆転できそうな馬はいない。あとは、ミスエルテ、ファンディーナがどんな競馬を見せるか。

いずれにしても、限りなく桜花賞馬に近づいたことは間違いない。

さて、今日は弥生賞。

阪神11レース 弥生賞

京都2歳Sの覇者カデナ、京成杯を制したコマノインパルス。ともに連対率100%。ここでどんな競馬を見せるか。

さらに2戦2勝のダイワギャグニー。前走のセントポーリア賞(500万)は強かった。メンバーが揃っていた中ででの2馬身差の圧勝。

でも本命はグローブシアター。言わずと知れたシーザリオの仔、POGで選び続けている血統。ここで勝ってくれれば最高だが、3着までには入って皐月賞の権利を。

グローブシアターから、前記3頭へ。

阪神11レース 大阪城S

ここは人気でもアストラエンブレム。勝つのはこの馬だろう。

相手に人気薄の軽ハンデ馬のバッドボーイ、ケイティープライドの2頭。前でうまく立ち回れば。

|

« フェブラリーS | トップページ | バルサ、世紀の大逆転 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/64973240

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞:

« フェブラリーS | トップページ | バルサ、世紀の大逆転 »