« バルサ、世紀の大逆転 | トップページ | いやあ、こんなことが… »

2017年3月12日 (日)

フィリーズレビュー

昨日のアネモネSは1番人気のライジングリーズンが快勝、4戦3勝として桜花賞に挑む。ソウルスターリングの相手としてチェックしなければ。

で、きょうは阪神でフィリーズレビュー。

阪神11レース フィリーズレビュー

阪神JF3着のレーヌミノルがどんなレースを7するか。1400なら負けられないところだが。

2連勝中のカラクレナイ。

穴っぽいところでは、逃げるアズールムーン。初芝のタガノカトレアあたりか。

中山11レース 中山牝馬S

ここが引退レースとなるマジックタイム。まだまだやれるだけに引退は惜しい。クラブ規定といえ、なんとかならないものか。

そのマジックタイムに、4歳馬のビッシュ、パールコード、フロンティアクイーンが挑む。

が、本命は7歳馬のウキヨノカゼ。ずっと追いづづけている馬。距離1800である程度の位置につけらられば。

相手に前記のマジックタイム。

4歳馬の中ではフロンティアクイーン。

中山6レースに出走のマイネルズイーガー、勝ってくれ。

|

« バルサ、世紀の大逆転 | トップページ | いやあ、こんなことが… »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/65004154

この記事へのトラックバック一覧です: フィリーズレビュー:

« バルサ、世紀の大逆転 | トップページ | いやあ、こんなことが… »