« おお、横浜単独首位 | トップページ | AKBの甘導入も、パワフル »

2015年4月12日 (日)

桜花賞

さあ、クラシック第1弾の桜花賞。競馬をやっていて、いちばんワクワクする瞬間だ。

阪神11レース 桜花賞

3戦3勝の無敗馬が3頭。ステップレースが多様化して、他にも有力馬が5指に余るほどのレベルの高い戦い。

その中でも抜けていると思わせるのがルージュバック。異例のきさらぎ賞からのローテ。小頭数の競馬ばかりで揉まれた時の対応、初の1600と、死角がないわけではないが、すべてを超越してしまうような強さがある。

相手にはココロノアイ。この馬も強い。

あとはチューリップ賞で完璧な予行演習をしたレッツゴードンキ。

あれれ、人気だ。もう少し割れると思ったが…。

気になるのはコンテッサトゥーレ。パンパンの良馬場なら突き抜ける脚を持っているが、1番枠、いまの馬場では…。

クーンズリング、キャットコインは切り。

人気馬からいく以上、馬単ルージュバック→ココロノアイの1点。3連単もルージュバック→ココロノアイ→レッツゴードンキの1点。

中山11レース 春雷S

エールブリーズ、ニンジャ、サカジロロイヤルの3頭BOX。

福島11レース 福島民放杯

マイネルミラノ、マイネルフロストの一騎打ち。

3着にムーンレットレイク、レッドレイブン。

|

« おお、横浜単独首位 | トップページ | AKBの甘導入も、パワフル »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/61426272

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞:

« おお、横浜単独首位 | トップページ | AKBの甘導入も、パワフル »