« 阪神JF | トップページ | 朝日杯FS »

2013年12月 8日 (日)

ブラジルWC、1次リーグ うまい具合に分散した

有力国がうまい具合に分散したな、っていうのが第一印象。各組とも順当に決勝トーナメントに進めそうな…。

日本が決勝トーナメントに進む確立は30%くらいだと思う。

A組 ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン

ブラジルが順当に1位突破しそう。あとは3チームはどこが進出しても…。エトー、ソングらを擁するカメルーンがチームとして組織すれば面白い。

B組 スペイン オランダ チリ オーストラリア

スペイン オランダの優勝候補がいきなり激突。どちらが1位になるかが興味。

C組 コロンビア ギリシャ コートジボアール 日本

日本は突破できない組ではないが最下位もありあえる。

順当ならコロンビアだがもともとムラのあるチーム。堅守がひかるギリシャも攻撃力はそれほどでもない。ドログバ、カルー、ヤヤトゥーレとタレント豊富なコートジボアールも身体能力が高い選手が多いチームとして機能するか。

ここはどこが出てきてもおかしくない。

D組 ウルグアイ コスタリカ イングランド イタリア

優勝経験国が3国同居する死の組と言われているが、案外イングランド イタリアがあっさり通過しそう。

フォルラン スアレス カパニと強力FW擁するウルグアイだが予選の戦いぶりを見ると守備崩壊が気になる。

E組 スイス エクアドル フランス ホンジュラス

将軍プラティニの力が働いたのか。フランスが楽な組に入った。1位通過もある。2位はスイスで順当か。

F組 アルゼンチン ボスニア イラン ナイジェリア

アルゼンチンも楽に1位突破しそう。2位はボスニアかナイジェリアか、

G組 ドイツ ポルトガル ガーナ アメリカ

実は厳しい組になりそう。ドイツとて楽な戦いは…。

アメリカのクリンスマン監督が母国ドイツ相手にどんな戦いを見せるか。

ボアテング、ムンタリ ギャン アサモアらタレント豊富なガーナも不気味。

Cロナウド擁するポルトガルと楽しい試合が見られる。

順位をつければ1位ドイツ2位ポルトガル。って普通ですね。

H組 ベルギー アルジェリア ロシア 韓国

一番軽い組み合わせ(失礼)。

韓国にもチャンスある。

順当ならベルギー ロシアか。

いやあ、楽しみですな。

ズバリ今の時点での優勝予想は応援も込めてアルゼンチン。メッシが伝説になるにはここで優勝するしかない。

決勝の相手はドイツ。厳しい1次リーグで波に乗れば。若いエジル ミューラーらの力とシュバインシュターガー ケディラの中盤、さらに堅いDF陣。

あとは大好きなオランダ。クライフ魂を継承してほしい。

さらに前回優勝国のスペイン、イタリアも侮れない。

もちろん開催国のブラジルだって…。

|

« 阪神JF | トップページ | 朝日杯FS »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/58720237

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルWC、1次リーグ うまい具合に分散した:

« 阪神JF | トップページ | 朝日杯FS »