« WBC イライラする展開 どうして変えない | トップページ | 続WBC »

2013年3月 8日 (金)

中日新聞杯

先週の弥生賞は意外な結果に。

チューリップ賞といい、弥生賞といい、納得がいかない結果に。

今年のクラシックは混沌としてきた。

中京11レース 中日新聞杯

中京の芝2000メートル。

ドリームセイリングの大逃げに賭ける。

相手はパッションダンス、コスモオオゾラ、トウカイパラダイス。

中山11レース アネモネS

桜花賞トライアル、2着まで優先出走権がある。

ネロディアマンテ、自信の本命。前走はもったいない競馬。最後凄い脚でおいこんできたが…。まともに出てある程度の位置につけられればおのずと結果はついてくる。

相手に2戦2勝のクラウンロゼ、ジーニマジック、サクラディソール。

阪神11レース ポラリスS

阪神ダート1400メートル。

アドバンスウェイ、トウショウカズン、エーシンジェイワン、タイセイシュバリエの先に行く馬の4頭BOX.。

エアウルフも先に行く馬だが、前走の負けが不可解。今回も人気だし切り。けと、こんな時に限って来ちゃうんだよね。

|

« WBC イライラする展開 どうして変えない | トップページ | 続WBC »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/56915121

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞杯:

« WBC イライラする展開 どうして変えない | トップページ | 続WBC »