« 大阪杯 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ レアル圧勝 »

2011年4月 4日 (月)

さあ、桜花賞。

先週の日経賞、大阪杯が終わっておぼろげながら天皇賞が見えてきた。

ヴィクトワールピサ、ブエナビスタ、ナカヤマフェスタがいないのは寂しいが面白い天皇賞になりそうだ。

大阪杯を制したのはヒルノダムール。だが59キロを背負って3着にきたエイシンフラッシュ、4着のダノンシャンティはやっぱり強い。

ただ、この2頭には3200メートルはやっぱり長いと思う。それはローズキンダムに言えることで、現在のところトゥザグローリーが一番手か。

ペルーサはなんかもどかしい。もっと走れる馬のハズなのだが…。

面白いのは休み明けで日経賞4着のマイネルキッツ。一昨年の天皇賞馬、昨年も2着。距離は長ければ長いほどいい。4歳馬に人気が集まればいい馬券になる。

昨日のマーガレットS。クリアンサス→プランスデトワール→シャイニーホークでバッチリ。

さて今週も桜花賞を含む豪華4重賞。

桜花賞は三冠確実と言われたレーヴディソールが戦線離脱。一転混戦模様。

本命はダンスファンタジア。力通りの競馬をしてくれれば勝てるのだが…。前走の不可解な敗戦で人気を落としてくれれば逆においしい馬券になる。

マルセリーナ、スピードリッパー、トレンドハンター、フォーエバーマークあたりが相手候補。

週末には桜も満開になりそうで…。

|

« 大阪杯 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ レアル圧勝 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/51302467

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、桜花賞。:

« 大阪杯 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ レアル圧勝 »