« 菊花賞 | トップページ | 天皇賞 »

2010年10月30日 (土)

横浜ベイスターズ、存続も前途多難

横浜ベイスターズの身売りが回避された。しかし依然として身売りの話があるだけに球団経営は難しいものになる。

内川、村田がFA宣言。この二人に出て行かられたら…。

ドラフトも大石は引き当てられず、1位は須田、2位に加賀美。外れ1位は榎田、塩見も左ピッチャーに行くと思っていたのだが…。

村田、内川の残留、さらに補強も含めて戦えるチーム作りをしてほしい。幸い若い力は出てきている。

尾花監督も2年目は言い訳は許されない。とにかく、横浜らしい面白い野球を見せてくれ。

|

« 菊花賞 | トップページ | 天皇賞 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/49883011

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ベイスターズ、存続も前途多難:

« 菊花賞 | トップページ | 天皇賞 »