« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ブエナビスタ、圧勝

思ったよりも馬場が回復して、良に近いやや重馬場。

ペルーサがやっぱり出遅れたが、ダービー、毎日王冠ほどではない。予想通りにシルポートが逃げるが、大逃げではなく、他馬を引き付けるような逃げ。

直線に入ってあっという間にブエナビスタが抜け出す。内でごちゃついて、ジャガーメイルがシシンアポロンの進路をカット。この時点で2頭とも戦意喪失。ジャガーメイルはいい脚で来ていただけにもったいない競馬だった。

残り200メートルくらいでもう勝負あった。ただ1頭、最後方から出遅れたペルーサが追い込んできたが脅かすまでにはいかない。ブエナビスタが余裕でゴールを駆け抜けた。

3着は2番人気のアーネストリーで堅い決着。4着に2番手から粘りこんだ3歳牝馬のオウケンサクラ。密かに複勝馬券持っていたのだが…。

しかし、ブエナビスタにこういう競馬を見せられるとは…。抜けて強い馬だとは思わないのだが…。4歳、5歳牡馬のトップクラスが1頭もいない特異なメンバー。JC、有馬記念もメンバー次第では…。

JC出走予定のナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサ。そしてもう一度ペルーサに期待してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

天皇賞

台風の影響で土曜日の東京競馬は中止に。明日の天皇賞は無事に開催されるようだが、道悪競馬は避けられそうにない。

今日は福島のメーン的中でほっと一息。

重馬場必至とみて連闘で急遽参戦の我がショウワモダン。秋二戦の走りっぷりから一変は難しいと思うが…。

ブエナビスタの取捨に迷うが人気だから消しか。良馬場ならアーネストリーだと思っていたがこの馬場では…。

一番強いのは3歳馬のペルーサだと思うが、また出遅れ癖が出ないか心配。青葉賞のような競馬が出来れば勝てると思うのだが。

重馬場になってキャプテントゥーレ、ジャガーメイル、ネヴァプションらが浮上しそうだが、面白いのは大逃げを打ちそうなシルポート。重馬場も滅法うまい。

ここは思い切って本命はシルポート。相手はペルーサ、キャプテントゥーレ、ショウワモダン、オウケンサクラへ。

アパパネ、ローズキングダムと2週連続で自信を持って消した馬が1着、2着と来ているだけに大きなことは言えないが…。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

横浜ベイスターズ、存続も前途多難

横浜ベイスターズの身売りが回避された。しかし依然として身売りの話があるだけに球団経営は難しいものになる。

内川、村田がFA宣言。この二人に出て行かられたら…。

ドラフトも大石は引き当てられず、1位は須田、2位に加賀美。外れ1位は榎田、塩見も左ピッチャーに行くと思っていたのだが…。

村田、内川の残留、さらに補強も含めて戦えるチーム作りをしてほしい。幸い若い力は出てきている。

尾花監督も2年目は言い訳は許されない。とにかく、横浜らしい面白い野球を見せてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

菊花賞

皐月賞馬もダービー馬もいない菊花賞。

単勝1、9倍、断然人気のローズキングダムは消し。ダービー、神戸新聞杯のような極端なスローペースにはならないとみている。あの切れすぎる脚が…。

本命は札幌で古馬相手にオープン特別を圧勝してきたトウカイメロディ。吉田隼人がどう乗るか。

相手も3000メートルの距離が合いそうなビックウィーク、リリエンタール、コスモラヒュタ、トレイルブレイザーの4頭。

勝つ力はあるクオークスターだが、あの最高方からの競馬でさせる展開のレースにはならないと思う。ある程度前で競馬が出来ればあっさりも…。

でもなあ、秋華賞も予想も惨敗だし、今日の競馬も…。

東京メーンのブラジルカップはトーセンアレスから

福島11レース 福島民友カップ

ウェスタンビーナス、ダイワマックワンの2頭軸で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バルサで輝くメッシ

南アフリカワールドカップが終わってまだ3ヶ月あまりだというのに、遠い過去のよう。

今夏の移籍はあまり目立った動きはなかった。レアルにエジル、そのレアルの象徴とまで言われたラウルがブンデスリーガのシャルケへ。バルサにビジャ…。

で、2010-11欧州チャンピオンズリーグ。1次リーグは各組ともビッグクラブが順当に勝ちあがりそう。

レアル、ACミラン、アヤックスが同居したG組だけが波乱の要素を孕んでいたが、レアルが3連勝で抜け出し、ACミランとアヤックスが勝ち点4で並んでいる。ミラン踏ん張れるか。

アルゼンチン代表ではいまいち精彩を欠く。先日の日本戦でも無得点に終わり、日本に0-1で敗れる大波乱。が、バルサでは圧倒的な存在感を見せ付けている。

バルサ、モウリーニョになって変わりつつあるレアル、ルーニーの退団騒動が落ちついたマンUに、チェルシー、アーセナル、バイエルン、インテルらがどう絡んでいくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

アパパネ、三冠達成

アパパネがいとも簡単に三冠達成。

この秋華賞が一番強い競馬だった。サンテミリオンが出遅れて、アパパネは好スタートから中団の外めを進む、。

逃げたアグネスワルツは直線で馬群に呑みこまれ、3番手を追走していたオウケンサクラも手ごたえがなくなる。アパパネは馬群の外から楽々と抜け出して快勝。2着はアニメイトバイオ、3着はアプリコットフィズ。

予想は完敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

秋華賞

あいかわらず、馬券のほうが…。

京都11レース 秋華賞

近年にないほど、面白いメンバーになった。

最大の焦点はアパパネの三冠なるか(阪神JFも含めると史上初の四冠)だ。

しかし自分にはそんなに抜けているようには思えない。強いことは認めるが…。まあ、自信を持って消したオークスであの結果だから…。

オークスでアパパネと同着1着だったサンテミリオン。オークス以来のぶっつけ、さらに横典から藤岡佑への乗り代わり。この世代で一番強い馬だと思っているが…。

ほかにも、挙げればキリがないほど目移りのするメンバー。ここは自分の好きな馬を買う。これも競馬だ。

オウケンサクラ、ディアアレトゥーサ、アグネスワルツに、サンテミリオンを加えた4点BOX。

穴っぽいところではクラックシードあたりも気になるが…。

東京11レース  府中牝馬S

シングライトバード、ブロードストリート、リトルアマポーラ、ムードインディゴの4頭BOX 。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

ショウワモダン、始動

東京11レース 毎日王冠

春の安田記念を3連勝で制したショウワモダンが始動。いまだにGⅠを勝ったことが、にわかに信じがたいがれっきとした事実。この秋は天皇賞に向かうのかマイルCSへ行くのか流動的らしいが…。

明日も競馬は重馬場。かつては重の鬼と言われたモダンだが、マイルを1分31秒台で走った馬が重だと逆に足枷になるのでは…。

勝ってほしいと思う部分もあるが、人気薄でこそのキャラ。先日発売で2番人気、ここはボケそうな気もする。

2歳馬のペルーサが1番人気。ダービーでの敗戦はちょっと納得がいかないが、現3歳馬ではトップの力の持ち主。道悪は気になるが…。

重で逃げるシルポートとの3連複1点勝負。

京都11レース 京都大賞典

オウケンウルースリ、休み明けの上に重馬場。力でこれるか。

ここはフォゲッタブル、メイショウベルーガ、ゴールデンメイン、ドリームフライトで遊んでみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

凱旋門賞、フェスタ惜しい2着

凱旋門賞、日本からナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサの2頭が参戦。

19頭が一団となって進む日本では考えられないようなタイトな競馬。欧州特有の深くて思い芝の上に雨の影響で重馬場発表の馬場は日本勢にとっては不利な条件。

そんな中、馬群の中断を進んだフェスタ。4コーナーで不利を受けながらも直線半ばで堂々と先頭に立つ。内から1頭、英ダービー馬のワーキフォースが伸びてくる。壮絶な叩き合い。

一旦交わされても、差し返す根性を見せる。あと一歩、頭差まで迫ったところがゴール。

惜しい、あと一歩。それでも世界で通用する力は見せてくれた。

デビュー戦からずっと追いかけている馬。去年のダービーでは悔しい思いをしたが、今年の宝塚記念で8番人気で勝利。そして今回の凱旋門賞2着。これからの戦いが楽しみだ。

もう1頭のヴィクトワールピサは7着。直線よく追い込んできたが…。まだ3歳、これから強くなると思うが。

アメリカでは無敗の女傑ゼニヤッタが19連勝。凄い、とにかく凄い。このあとはブリーダーズCクラシックへ向かう。日本のエスポワールシチーはこの女傑にどう立ち向かうのか。

秋初戦のGⅠスプリンターズSは人気薄の香港馬ウルトラファンタジーが優勝。2着入選のダッシャーゴーゴーは直線に内に切れ込みサンカルロの進路を妨害して降着。キンシャサノキセキが2着に、3着は不利を受けたサンカルロ。3連単は35万。うーん…。

この秋は競馬が面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

横浜、身売り?

嗚呼、横浜よ何処へ行く。

横浜ベイスターズに突然降って湧いた身売りの話。

3年連続でダントツの最下位の横浜、この先どうなるのか。

今年のイースタンで、新人の筒香、打者に転向2年目の北と若い選手が育ってきて期待していたのだが…。

2軍監督の田代監督を更迭して、今度はこのニュース。

本拠地を新潟移転なんて話も出ているが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリンターズS

秋のGⅠがスタート。

まずはスプリンターズS。

4連勝で春の高松宮杯を勝ったキンシシャノキセキ。前走疝痛で取り消してぶっつけになるのは不安だが力は抜けている。

香港馬2騎、人気のグリーンバーディーは消し。過去10年追い込んで馬券に絡んだのはあのデュランダルだけ。この馬がデュランダル級の馬かと問われると…。もう1頭のウルトラファンタジーは力的に…。怖い香港勢だが今回は…。

キンシャサの相手は人気馬はすべてオミッット。ある程度先にいける人気薄のアイルラヴァゲイン、ジェイケイセラヴィ、ウェスタンビーナスで遊んでみる。

でもこんな買い方じゃ当たらないか。

競馬もいっこうに復調の兆しが見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »