« 横浜、身売り? | トップページ | ショウワモダン、始動 »

2010年10月 4日 (月)

凱旋門賞、フェスタ惜しい2着

凱旋門賞、日本からナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサの2頭が参戦。

19頭が一団となって進む日本では考えられないようなタイトな競馬。欧州特有の深くて思い芝の上に雨の影響で重馬場発表の馬場は日本勢にとっては不利な条件。

そんな中、馬群の中断を進んだフェスタ。4コーナーで不利を受けながらも直線半ばで堂々と先頭に立つ。内から1頭、英ダービー馬のワーキフォースが伸びてくる。壮絶な叩き合い。

一旦交わされても、差し返す根性を見せる。あと一歩、頭差まで迫ったところがゴール。

惜しい、あと一歩。それでも世界で通用する力は見せてくれた。

デビュー戦からずっと追いかけている馬。去年のダービーでは悔しい思いをしたが、今年の宝塚記念で8番人気で勝利。そして今回の凱旋門賞2着。これからの戦いが楽しみだ。

もう1頭のヴィクトワールピサは7着。直線よく追い込んできたが…。まだ3歳、これから強くなると思うが。

アメリカでは無敗の女傑ゼニヤッタが19連勝。凄い、とにかく凄い。このあとはブリーダーズCクラシックへ向かう。日本のエスポワールシチーはこの女傑にどう立ち向かうのか。

秋初戦のGⅠスプリンターズSは人気薄の香港馬ウルトラファンタジーが優勝。2着入選のダッシャーゴーゴーは直線に内に切れ込みサンカルロの進路を妨害して降着。キンシャサノキセキが2着に、3着は不利を受けたサンカルロ。3連単は35万。うーん…。

この秋は競馬が面白い。

|

« 横浜、身売り? | トップページ | ショウワモダン、始動 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/49644667

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞、フェスタ惜しい2着:

« 横浜、身売り? | トップページ | ショウワモダン、始動 »