« ウルグアイ、延長後半ロスタイムでハンド | トップページ | 函館SS »

2010年7月 4日 (日)

ドイツ、アルゼンチン粉砕

アルゼンチン-ドイツの準決勝。

いきなり3分にフリーキックからドイツが先制。

アルゼンチンはメッシにボールを集めて攻めるが、決定的なチャンスが作れない。

今大会のメッシはいい形は作れるものの、最後の精度が…。

ドイツは堅い守りから、ボールを奪うと一気に前線にボールを運ぶ。後半23分に2点目。29分には決定的な3点目。

アルゼンチンは一矢を報いようと攻めるが最後までドイツの守備を崩せない。

後半44分にはクローゼがあの「爆撃機」と呼ばれたゲルトミューラーに並ぶワールドカップ通算14点目で4-0。

思いも寄らぬ大差でメッシのワールドカップは終わった。これがバロンドールの呪いか。無得点でワールドカップのピッチを去る事になったメッシ。まだまだマラドーナの域には達していないということか。

監督としてのマラドーナは…。やっぱり、中盤にリケルメがいないのが…。バルサのシャビ、イニエスタのような選手が…。

イグアインもよくなかったし、もっと早くアグエロ、リミトを投入したほうが…。

それに対してドイツはエジルがいい。攻守の切り替えが早い。きっちり守ってからの攻撃が早い。次戦ミューラーが出場停止になるが…。

ブラジルに続いてアルゼンチンも去った。これからのパラグアイ-スペインの試合結果によっては、ヨーロッパ3チーム、南米1チームになる可能性が…。

ヨーロッパ大陸以外で行われるワールドカップでヨーロッパが勝てないというジンクスは破られるのか。

|

« ウルグアイ、延長後半ロスタイムでハンド | トップページ | 函館SS »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/48790873

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ、アルゼンチン粉砕:

« ウルグアイ、延長後半ロスタイムでハンド | トップページ | 函館SS »