« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

ベスト8、出揃う。

ベスト8が出揃った。

ウルグアイ、ガーナ、オランダ、ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、パラグアイ、スペイン。

南米勢が4チーム、ヨーロッパ勢が3チーム、アフリカから1チーム。南米勢の調子がいいが、ヨーロッパも、オランダ、ドイツ、スペインとどこが優勝してもおかしくない。

日本はパラグアイ相手に0-0のスコアレスドロー。PK戦で負けたが、よく頑張った。胸を張って帰ってきてほしい。海外へどんどん出て行って、更なる高みを目指してほしい。

オランダ-ブラジル戦は見もの。勝った方が決勝進出か。

もう一方のブロックはアルゼンチン-ドイツ。さらにスペインが待ち受ける。ドイツはイングランド、アルゼンチンと難敵が続くが、逆にアルゼンチンに勝つようだと、そのまま優勝まで突っ走る可能性も…。

個人的には、オランダ-アルゼンチンの決勝を見たい。メッシ擁するアルゼンチンの優勝と予想しているが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

捲土重来

土、日、月と3日間打ってみたが、これが酷い稼動で…。

もうどう打っていいのかわからない。

長年打ってきて、こんなのは初めてだ。まったく先の見えない稼動。

特にエヴァライトなんて土曜日は、加持全回転もあって、15R2回含む6連チャン引いても…。昨日もレイ全回転見れて、15R3回含む9連チャンでも…。

心が折れてしまうと、もうどうでもよくなってしまう弱い心。疑心暗鬼になって出ると思う台でも我慢できない。

すべてが悪いほうへ悪い方へ。

ここは捲土重来を期して、しばらく稼動は休もうと思っている。どのくらいの期間になるかは…。

このブログもパチンコから、競馬、サッカー中心のブログになる。

人気blogランキングへ←クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イングランド、世紀の大誤審に泣く

決勝トーナメント1回戦、屈指の好カード。イングランド‐ドイツ戦。

ドイツが2点先制。イングランドはジェラードのフリーキックから1点を返して、その5分後、ランパードのミドルシュートがバーを叩いてゴールイン。しかし審判の判定はノーゴール。おいおい、そりゃないだろ。副審もどこを見ている。

後半、1点を追うイングランドは中盤を支配して攻め立てる。いい攻撃をするがあと一歩が…。

前掛かりになったイングランドにドイツのカウンターが炸裂。後半22分、25分と追加点。勝負は決まった。

すべてはあの誤審。2‐2で折り返していたら、こんな展開にはならなかったはす。

今回のイングランド。ルーニーが本来の動きじゃなかったし、ジェラード、ランパードもあまりよくなかった。なぜクラウチを使わなかったのか。

対するドイツは若いエジル、ミューラーがいい。クローゼも得点嗅覚はまったく衰えていない。次戦のアルゼンチン(?)に勝てば、4度目の優勝も夢ではない。

ウルグアイ‐韓国はウルグアイが順当勝ち、も韓国はよく頑張った。

ガーナ‐アメリカは2-1でガーナ。アフリカ勢で唯一1次リーグ突破したガーナがベスト8進出。

こっちのブロックからは2回戦でぶつかるであろう、オランダ‐ブラジルの勝者が決勝進出か。今回はオランダに期待している。

今回の大会、南米の5チームすべてが決勝トーナメント進出。ヨーロッパ以外の地域で行われた大会はすべて南米のチームが優勝しているが現実になりそうな…。

3時半からはアルゼンチン‐メキシコ。29日にはスペイン‐ポルトガルが激突。こちらのブロックは本当に厳しい。アルゼンチンが決勝進出すると予想している。

アルゼンチン‐オランダの決勝を見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

日本勝って、イタリア負けた。

日本が3‐1でデンマークを撃破、決勝トーナメント進出を決めた。正直言ってビックリ。予想外の大健闘。ただ、今回のカメルーン、デンマークの出来はよくなかった。まだまだ本当の力はついてない。

イタリアがスロバキア相手に2-3で敗れる大波乱。ブッフォンを怪我で欠いたとはいえ、GKの層は厚かったイタリアに何が起きた。この組はパラグアイが1位通過。2位はスロバキア。よって、日本の決勝トーナメントの相手はパラグアイ。

これで、前回の優勝、準優勝チームが消えた。

決勝トーナメント、アルゼンチンの入ったブロックが凄いことに…。これからのブラジル‐ポルトガル、H組のスペインの結果次第ではとんでもないことに。

ブラジル‐ポルトガルの敗者も同じブロック。H組でスペインが1位通過すると、スペインも同じブロックに入る事に。そこに日本の名がある事も凄いことだが…。

そういった意味でも、これから始まるブラジル‐ポルトガルは見逃せない。

スペインは2位通過狙いたいところだが、引き分けでも危ない。なんとしても勝たないと。しかしチリもいいサッカーするから面白い戦いになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ドイツ、イングランド、突破

A組はウルグアイが1位通過。2位はメキシコ。前回準優勝のフランスは懸念した通り、1勝も出来ずに敗退。

B組はアルゼンチンが3連勝で順当に1位突破。2位は韓国。ナイジェリアかと思っていたが、韓国はアルゼンチン戦こそ惨敗したが、よく頑張った。

アルゼンチンの決勝トーナメント1回戦の相手はメキシコ。なんかイヤな相手だ。

C組はイングランドが最終戦に勝ってなんとか2位で通過。アメリカが予選敗退かと思われたロスタイムの決勝弾で1位通過。

D組は前戦でセルビアに不覚を取ったドイツが2勝1敗で1位通過。2位はガーナ。

イングランドが2位通過したせいで、1回戦でいきなりドイツ-イングランドがぶつかる。さらに勝ったチームがアルゼンチン-メキシコの勝者とあたる。アルゼンチンにとっては厳しいブロック。

E組の日本はいよいよデンマーク戦。日本は引き分ければ決勝トーナメント進出だが厳しい戦いになる。

F組は2戦連続引き分けのイタリアはスロバキアと対戦。ここも2位通過だと、1回戦でオランダ-イタリアの激突となるが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

ポルトガル、圧巻の7ゴール

初戦をコートジボアールと引き分けたポルトガル。今日はデコを怪我で欠いて、初戦とは4人を入れ替えてきた。

前半は北朝鮮も頑張って、ポルトガル1-0で終了。後半はポルトガルの攻撃が爆発。なんと後半だけで6点の猛攻。ロナウドにもゴールが生まれて、次のブラジル戦が楽しみになった。

ブラジル-コートジボアールが3-1でブラジルが勝利。ただカカが次戦は出場停止。期待したコートジボアールは中盤が機能せずに…。

死のG組もブラジル、ポルトガルが決勝トーナメントに進出がほぼ決まり。ただ1位通過がかかるのでブラジル-ポルトガル戦は必見。

A組は戦前の予想通り、フランスが1分け1敗で3位。決勝T進出は風前の灯火。チームは内紛で崩壊寸前。何故あの監督を変えないのか。ここはメキシコ、ウルグアイが進出か。

B組はアルゼンチンが2連勝で順当に突破か。現在勝ち点3の韓国、ギリシャ、ナイジェリアも含めてまだ分からない。

C組は大混戦。イングランドは2連続引き分けで…。まさか1次リーグ敗退はないと思うが…。

D組はドイツがセルビア相手にまさかの敗戦。クローゼの退場で10人になっても果敢に攻めたが…。ポドルスキーのPK失敗が…。まあ最終戦に勝てばいいのだが。

E組はオランダが決勝T一番乗り。日本は予想以上の大健闘。引き分けでもOK。勝利は厳しいと思うが…。

F組はイタリアが2連続の引き分け。初戦のパラグアイ戦はともかく、ニュージーランド相手に引き分けとは…。次戦はスロバキア、まさかとは思うが。ニュージーランドはよく頑張っている。パラグアイは面白いサッカーをする。1位通過も見えてきた。

H組はスペインが楽々突破かと思っていたが、スイス、チリがいいサッカーをしている。

そのチリ-スイス戦。前半を終わって0-0。ただスイスに一発レッド。あれでレッドはないだろう。前半からイエローが多いなと思っていたら…。せっかくの試合が…。次戦、スペイン戦のチリには願ってもない展開だが。

この試合だけでなく、今回も審判には…。

そういえば、ゴルフの全米オープンが終わったと思ったら、テニスのウィンブルドンが始まる。

首位に2打差の2位タイで予選突破した遼君は最終日に崩れて33位。よくやったと思う。

ウィンブルドンの錦織君は初戦が怪我から復活して全仏オープンを制した世界ランク1位のナダル。思いきりぶつかってほしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

やっぱり、打てない

今日も競馬を買ったあとに、昨日ルパンを打ったホールへ。

5台のうち3台空いていた。大当り2回のあと239回転の台。5000円入れた327回転目にタイプライター予告が発生して大当たりの4R単発。

さらに2000円追加の101回転目に、擬似連3回転目にタイプライター予告「激熱」から、壁がトラ柄で大当りもまた4R。

ST8回転はまたスルー。しかし時短100回転ついて引戻し期待したが…。167回転ですべて呑まれ…。

隣の台、いきなり138回転のハマリで、昨日も1300回転で大当り11回。打ち始めてすぐに、タイプライター予告、「勝機」も当たらず…。タイプライター予告をはずすと痛い。昨日は4/5で今日は2/2だったのに…。この台、他の予告はほとんど当たらない。前作に較べて、トラ柄の出現率も極端に低いし、擬似連も…。

3000円入れてヤメ。

帰って等価のホール。久々に打ってみるが、やっぱり回りが…。エヴァライトに5000円、ラブラブオリーブに5000円入れて見るが当たる気がしねえ。

そんな、モンスターパーティーに凄い台を発見。昨日440回転、今日は349回転で大当りゼロ。その前の日は500回転で大当り8回。

これがこれが…。ほんとに甘デジ?。回りは悪いし…。意地になって打った448回転目に2確。1回転目に2で当たって、確変昇格もワンセット。時短6回転目に大当りも単発。

呑まれて…。

ホール移動。昨日打ったエヴァライト、大当たり17回のあと350回転のハマリ。500回転まで回してみるが、何にもいわない。

やっぱりダメっすね。たまたま出てくれないと…。

人気blogランキングへ←クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

久々の稼動、なんとか勝てた

今日は競馬を買ったあとに、MHのあったエリアを覗いてみる。

等価のホールにルパン三世のライトバージョンがあったので打ってみる。168回転で大当たりゼロ。

ん?、この台ST機なんだ。確率129、8分の1で、ST8回転の確率が13、7分の1。

5000円入れた240回転目に4R大当り。

時短で2確引いてST8回転スルーも時短100回転。

60回転過ぎに当たって6R、6R、4Rと3連。

70回転で6R単発。

この台、出玉が多い。賞球15個で10カウント。16R大当りは2100個の出玉がある。

しかし、やっぱり回りが…。

168回転でやっと6R大当り。

呑まれて…。

通常時の演出が…。やっぱり前作の方が断然面白い。

バカボンに2000円入れて単発も呑まれ…。

仕事人竜バージョンに5000円入れてみるが…。

大海アグネスラムに3000円入れてヤメ。

慶次を打っていたホールを覗くと、ルパン三世のライトバージョンが5台導入されていて、うちの1台が大当たり2回のあと268回転のハマリ。

これが500円で、タイプライター予告が派生して大当り。これが7連チャン。

63回転で6R単発。

241回転目にやっと大当りも4R単発。

97回転目、6R大当り。大当たりはすべてタイプライター予告から。しかしこのタイプライター予告がなかなか発生しない。他の予告はただうるさいだけで…。

ただここから、6連チャンで16Rも2回。一気に5箱。ただ以前に比べると箱が小さい。1箱5000円あるかどうか。

1箱入れて、4箱持ってヤメ。6600発。19500円かと思っていたら26000円。あれっ、いつの間に等価交換に。

帰って、3、3円のホールに大当たり13回のあと273回転。4000円入れた337回転目に格納庫で確変もワンセット。

50回転目に警報から使途予告VSアラエルで6大当り。これが15Rもまたワンセット。

140回転目に警報から使途予告VSゼリエルで大当り単発。

呑まれる寸前の167回転目にパトランプ鳴って大当たりもまたワンセット。

74回転目にハズレ後に暴走突入。これが6連チャンで15Rが3回。

時短6回転目にレイ擬似連3回から単発。

時短34回転目にRSU5ショートから「勝ったな」で当たってこれがまた15R。これはワンセットで計9連。

時間は8時。ワールドカップが始まる。時短抜けてヤメ。

6400発で21000円。

久々の稼動。なんとか勝てた。

しかしなあ…。

人気blogランキングへ←クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

スペイン、スイスに破れる波乱

満を持して登場のスペイン。トーレス、セスクはベンチスタート。圧倒的なボールポゼッションのスペインに対して、センデロスを中心としたスイスはペナルティーエリアを固めて鉄壁の守備。

そのセンデロスが負傷で交代してスペインに流れが傾くかと思われたがが、相手に自由にボールを持たせてゴール前で高さを生かして守るスイス。欧州CLを2度制した名将ヒッツフェルトの術中にまんまと嵌まったスペイン。

カウンターから1点を奪いそのまま逃げ切って、大番狂わせ。スペインはセスクを投入できなかったのか。

その前のチリ-ホンジュラスも同じような展開だったが、こちらは攻めたチリが1点を奪い勝利。ピエルサ率いるチリのサッカーは面白い。

1次リーグも2巡目に入って、アルゼンチンは韓国に4-1で順当に勝利。メッシはまだまだこんなもんじゃないと思うが、4点目を演出したパスは凄かった。

イグアインがハットトリックを達成したが、途中出場のアグエロの方が断然いい。

フランスは初戦引き分けのあと、2戦目はメキシコ相手に0-2で完敗。前回準優勝のチームが1次リーグ敗退の危機。フランスは何故監督を変えないのか不思議でならない。

今日はドイツの試合をじっくり見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

横浜、WCの陰で…

横浜がやっと連敗を9で止めた。

セ・パ交流戦、6勝18敗の最下位。借金2で始まった交流戦、いつのまにか借金は16にまで膨らんでヤクルトにも抜かれて最下位。今年も終わった。

抑えの山口が6敗。やっぱりこのピッチャーは先発で使った方が…。

新人の加賀がいいピッチングをしている。このまま育ってくれれば。

相変わらず、打線は上向いてこない。内川、石川が頑張っているものの…。まあ、チャンスに打てない。投げる方はピンチであっさりやられる。これじゃあ…。

来年に向けて戦えるチームにしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本、勝った

日本がカメルーン相手に1-0で快勝。勝つとすればカメルーン戦だとは思っていたが。相手の出来もよくなかったとはいえ、予想以上の結果。

オランダはロッベンを欠きながら2-0でデンマークに勝利。次戦のオランダー日本はオランダの勝ちだろう。日本は最終戦のデンマーク戦にすべてを賭ける。

そういえば、オランダの途中出場のエリア。スピ-ドがあっていい選手だ。これからも要注目。去年ハンブルガーSVと5年契約を結んだらしいが、ワールドカップの活躍次第では、ビッグクラブへの移籍も…。

ドイツはオーストラリアに4-0で圧勝。バラックを怪我で欠いて不に思っていたが、若いエジル、ミューラーがいい。ダイジェストでしか見てないが、バイエルン、ブレーメンの選手がほとんどでチームとしても熟成されているのだろう。じっくり見てみてみたい。

にしても、強い国からは次から次へといい選手が出てくくる。

イタリアーパラグアイは1-1で引き分け。スロースターターのイタリアらしいスタートだが、この組はイタリア、パラグアイで順当か。

今日は注目のGグループのコートジボアールーポルトガル戦。ドログバが間に合うとの情報もあるが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

アルゼンチン勝利、イングランドは悪夢の引き分け

開幕戦の南アフリカ-メキシコ戦。前半はメキシコが3、4点は取ろうという勢いもチャンスを生かせず。後半に入ってパスミスが目立ち始めて、南アフリカにパスをカットされてカウンター~先制を許す。後半34分にマルケスのゴールで追いついてドロー。メキシコはマルケスを中盤の底で使っていたが機能していた。ドスサントスもよかった。ただ、雑なプレーが多いし、GKがヘタすぎ。これから修正してくるとは思うが…。

フランス-ウルグアイはスコアレスドロー。やっぱり今回のフランスは…。ただこのグループはどこが残ってもおかしくない。

注目のアルゼンチン。ナイジェリア相手に1-0の勝利。まあ、メッシの動きは悪くないし初戦だから。勝ち点3をしっかり取るところはさすが。

韓国はギリシャ相手に快勝。ナイジェリア戦が鍵になる。

C組のイングランド。開始早々にジェラードのゴールで先制も、GKの信じられないようなミスで同点で追いつかれて、1-1のドロー。このグループはイングランド、アメリカで順当か。

しかし、昨日なんて8時から朝の5時までサッカー。1試合終わって、間も空くからその間に寝てしまいそうで…。

今日のドイツ-オーストラリア戦は地上波放送はないから早く寝ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ちたいと思わない

今日は久しぶりに、競馬を買ったあとにホールを覗いてみるが、もう10日以上も打ってないのに不思議に打ちたいとは思わない。

どのホールも…。

新台にも魅力的な台もないし…。

困った状況だ。

以前にも2年間くらい、打てる台がなくて四苦八苦したことがあるが…。

今の状況もかなり…。

時が来るのを待つしかないか。

人気blogランキングへ←クリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

さあいよいよ、ワールドカップ

明日、ワールドカップ南アフリカ大会が開幕する。

優勝予想は難しい。

メッシ擁するアルゼンチン。強力なFWが6人。マラドーナはどんなサッカーをするのか。いっそのこと、メッシ、テベス、イグアイン、ミリト、アグエロ、パレルモとFWを6人並べて好き勝手にやらせてみたら。応援の意味も込めて優勝候補の1番手。メッシよ、「バロンドールの呪い」を解いてくれ。

クライフ以来、ずっと好きなオランダサッカー。ただこの国はいつも期待を裏切ってくれる。ロッベンの怪我の具合は?GKを含めたデフェンスは?

FIFAランク1位のスペイン。ト-レス、セスク、イニエスタとケガ人も帰ってきて、プジョルを中心とした守備もいい。ただ過去どんなに前評判がよくても決勝に進んだことのないチームだけに。

イングランドは前回大会とほぼ同じメンバー。カペッロで変われるのか。クラウチをうまく使えば面白いのだが…。

ドイツはバラックの離脱が痛い。ポドルスキ、クローゼの2トップにシュバインシュタイガーに新星ミューラーが絡んでくれば…。本場に強いドイツだけに怖い。

Cロナウド擁するポルトガルはナニの欠場が痛い。ベスト8止まりか。

前回優勝のイタりアは今回はないだろう。

そして王国ブラジル。カカがやっと待ちあったようだが、今回のブラジルには魅力は感じない。もう一度ロナウジーニョを見たかった。

面白いのはメキシコ、パラグアイ、コートジボアール。

メキシコはベテランと若い力が融合。スペクタクルなサッカーで旋風をおこすか。ドスサントスに注目。

パラグアイは、伝統的な堅い守備と、男前のサンタクルス、バリオス、アエドバルデスの3トップが機能すれば。今年の1月に銃撃されたカバニャスの為にも…。

コートジボアールは日本戦で腕を骨折したドログバの復帰が条件になるが、カルー、ヤヤトゥーレ、エブエ等タレントがズラリ。ドログバが間に合えば台風の目になる。

決勝はアルゼンチンとオランダ。これが見たい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ありがとうショウワモダン、GⅠ初制覇

ショウワモダンが39戦目にしてGⅠ初出場で初制覇。

前売りでは4番人気だったが、結局は8番人気に落ち着いた。それでも単勝オッズは13、9倍。

ずっと買い続けていた馬だけに思い入れもひとしお。正直言って勝てるとは思ってなかった。2走前にダービー卿チャレンジトロフィーで重賞制覇しただけで、もう充分過ぎるほどだったのに…。

馬場が悪くなって面白いかなと思っていたが、1分31秒7の時計で走れるとは。こっちが思っていた以上に力をつけているということか。

2着にスーパーホーネット、3着にスマイルジャックで馬券は的中ならず。単勝だけ取らせてもらったが…。

ゴール前、抜け出した時は涙が出そうになった。おめでとうショウワモダン、ありがとうショウワモダン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田記念、えっ、ショウワモダンが4番人気?

安田記念の前日前売りオッズを見てビックリ。なんと我がショウワモダンが9、6倍の4番人気。

それも、1番人気のリーチザクラウンが4、5倍。キャプテントゥーレ、トライアンフマーチが8倍に続いての9、6倍。どう考えてもこの人気は…。

30倍以上の10番人気以下だと思っていたのに…。

にしても、難しいメンバー。GⅠ馬がキャプテントゥーレ1頭(8歳馬のサイトウィナーが海外のGⅠ勝っているが)。GⅠでの連対馬も4頭だけ。

ふるいにかけたらすべて消えてしまう。

人気のショウワモダンなんて、なんの魅力はないが、買わないわけにはいかない。

香港馬、ビューティーフラッシュ、逃げてマイルCS2着のマイネルファルケへ。

力からいえばリーチザクラウン、キャプテントゥーレだが、どちらも買いづらい馬だ。取捨にまだ迷っている。

最終レースのユニコーンSはドロから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

ダービーショック

あのダービーからまだ立ち直れない。

今、予想してもあの2頭しか買えない。

ラップを検証してみると、前半1000メートル通過が61秒6。まあ超スローには違いないが、問題はここから。ここからの3ハロンが、13秒5、13秒1、12秒9と続く。本来ならここからペースが上がっていくはずなのに。

上がり3ハロンが11秒3、10秒8、11秒3で33秒4。勝ったエイシンフラッシュは32秒7、2着のローズキングダムは32秒9。2400メートルのクラシックディスタンスで上がり3ハロン、10秒台のラップが刻まれるとは…。

結局、1200、1600の競馬になってしまった。これではダービーを意識して使ってきた組に出番はない。

ただ、岩田、横典クラスのジョッキーなら、向こう正面からでも動いて、力勝負に持ち込むことも可能だったと思うのだが…。終わってからどうこう言い訳する前に、見る側が納得するような競馬をしてほしかった。あれで動いて負けたなら仕方がないが。

でも、今週からも競馬は続くのだ。今週は安田記念。ずっと買い続けているショウワモダンが初めてGⅠに挑戦する。今年の低調なメンバーならと淡い期待を持って…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »