« CR新EX麻雀 15R大当りが多かったので、なんとか | トップページ | 9月、最後の最後まで… »

2008年9月29日 (月)

福永祐一騎手 父洋一氏の勝ち星に追いついた

福永祐一騎手が先週土曜日の騎乗で父洋一氏の勝ち鞍983勝に並び、日曜日の騎乗でさらに2勝で通算985勝。追い続けてきた父の勝利数に追いつき、追い越した。

希代の天才ジョッキー、福永洋一。柴田政人、岡部幸雄と同期で、デビュー3年目から9年連続リーディングジョッキー。5086戦983勝、勝率1割9分3厘。

落馬で、脳挫傷を負い生死の境をさまよった。今でも懸命のリハビリを続けているという。彼が健在だったら…、いや、それは言うまい。

祐一騎手は、8818戦で983勝。「乗れば乗るほど、親父の存在は遠くなる。一生超えられない」と語った。確かに洋一騎手の存在は凄かった。

武豊ジョッキーがいくら勝っても、洋一騎手の存在を超えることはできないのでは…。とにかく凄い騎手だった。不世出の天才ジョッキー。彼を超えることはなんびとにもできない。

ところで、今年デビューの新人三浦皇成騎手。先週で勝ち鞍が64勝。当分、破られないと思われていた武豊の新人最多勝の69勝をあっさりぬりかえようとしている。

凄い新人があらわれたものだ。今週は早くもG1のスプリンターズステークスに騎乗する。これから、武豊ジョッキーの記録をどんどんぬりかえていくのだろうか。楽しみなジョッキーである。

|

« CR新EX麻雀 15R大当りが多かったので、なんとか | トップページ | 9月、最後の最後まで… »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/42637546

この記事へのトラックバック一覧です: 福永祐一騎手 父洋一氏の勝ち星に追いついた:

« CR新EX麻雀 15R大当りが多かったので、なんとか | トップページ | 9月、最後の最後まで… »