« 今日もジュラシックパーク ショボ連2回で… | トップページ | ジュラシックパーク 狙い通りだったが、2体、4体、3体、0体って… »

2008年9月 8日 (月)

ワールドカップ アジア最終予選 最後の2失点は…

ワールドカップのアジア最終予選。日本VSバーレン。

3対0とリードした残り5分でデフェンスの足が完全に止まって失点。まあこれはいい。問題はそのあと。ロングボールを闘莉王がヘディングでバックパス、これが前に出ていた楢崎の横を抜けてゴール。まったくもってお粗末な失点。

まあアウェーで勝ち点3を取れたのは評価できるが、のちのち得失点勝負になった時にこの失点がどう影響するか。

このへんの守備をしっかりしなければ。ワールドカップに出なければいけないのだから、こんなことをしていては…。

アジアのチームを相手にモタモタしていては世界なんていってられないのだから、しっかりしたサッカーをしてほしい。

|

« 今日もジュラシックパーク ショボ連2回で… | トップページ | ジュラシックパーク 狙い通りだったが、2体、4体、3体、0体って… »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/42412262

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ アジア最終予選 最後の2失点は…:

« 今日もジュラシックパーク ショボ連2回で… | トップページ | ジュラシックパーク 狙い通りだったが、2体、4体、3体、0体って… »