« コブラもエヴァ4も回らない | トップページ | 沖海SAD 1時間ちょっとで6000発 »

2008年6月17日 (火)

全米オープンゴルフ 死闘

ウッズとメディエートの死闘は18ホールを終えても決着がつかず。

INの9Hを終えた時点ではウッズの楽勝かと思ったが…。

OUTに入って、ドライバーが曲がりはじめたウッズに対して、メディエートが13番、14番の連続バーディーで追いつく。

さらに15番。フェアウェイをキープしたメディエートに対して、ウッズはなんと隣のホールのバンカーに入れてしまう。先に打ったメディエートは2オン。ところがなんとウッズは隣のホールからメディエートのさらに内にオンするスーパーショット。

ところがところが、長いパットを入れたメディエートに対して、ウッズははずして、ここでメディエートが1打リード。

16、17番とともにパー。18番でウッズが執念のバーディー。メディエートがパーで並んで、サドンデスのプレーオフへ。

もう眠いのに眠れない。

サドンデス1ホール目、メディエートがティーショットをバンカーへ入れて万事休す。

死闘を制したのはやっぱりタイガーウッズだった。トリプルグランドスラム達成。しかしウッズ相手に互角以上の戦いを挑んだ45歳のメディエートのプレーは賞賛に値する。

|

« コブラもエヴァ4も回らない | トップページ | 沖海SAD 1時間ちょっとで6000発 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/41558158

この記事へのトラックバック一覧です: 全米オープンゴルフ 死闘:

« コブラもエヴァ4も回らない | トップページ | 沖海SAD 1時間ちょっとで6000発 »