« エヴァ4 18回転で確変引いて15連チャン、さて結末は… | トップページ | エヴァ4とプレミアム »

2008年5月26日 (月)

オークス トールポピー池添騎手の騎乗停止処分について

オークスでのトールポピーの斜行による行為によって、池添騎手は2日間の騎乗停止処分に。

レースは降着処分なしに成立。なのに池添騎手は2日間の騎乗停止。これについて、メディアの論調は批判的だが、はたしてそうだろうか。

過去にも、このような例はある。レースはそのまま成立。ジョッキーだけが処分を受ける。ミスターシービーが勝ったダービー、シンボリルドルフの勝った皐月賞、等々。

JRAは、被害馬の状況によって、降着かどうかを判断している。どんなに斜行しても、被害馬が、極端な不利を受けなければセーフなのだ。ようは、上手いジョッキーが、上手く避けてくれれば、不問なのだ。これについての是非は置いといて(これについては疑問に思っているが)、今回の被害馬4頭は、立ち上がるほどの不利は受けていない。要するに着順を変更するには至らないということだ。よって、レースは成立。

しかし、池添騎手の斜行による行為は悪質だから、騎乗停止処分。筋は通っていると思うのだが…。

ただ、せっかくの大舞台。後味の悪いのも事実。今週のダービーは、すっきりとしたいいレースにしてほしい。何より、審議は体によくない。

|

« エヴァ4 18回転で確変引いて15連チャン、さて結末は… | トップページ | エヴァ4とプレミアム »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/41329921

この記事へのトラックバック一覧です: オークス トールポピー池添騎手の騎乗停止処分について:

« エヴァ4 18回転で確変引いて15連チャン、さて結末は… | トップページ | エヴァ4とプレミアム »