« 有馬記念 マツリダゴッホ制覇 | トップページ | 花の慶次 あろうことか… »

2007年12月24日 (月)

2007年の競馬はプラス

今年の競馬は306万のプラスで終了。

基本的に競馬場に行かない時は、三連単発売のあるレースだけを買う。買い方は4頭のBOX。三連単で穴狙い。馬単は元取りのつもりで買う。買い目は三連単24点、馬単12点。軸が2頭に絞れた時には、この2頭から流すこともある。あとは気にいった馬の単複で勝負。

こんな感じで1年間買い続けた結果が306万のプラス。皐月賞の162万馬券。新潟2歳Sの142万馬券が大きかった。60万馬券が1本。20万馬券は3本。10万越えの馬券が5本。

ただ、ヴィクトリアマイルの250万馬券をはじめ、取れた馬券はあと何本かはあった。G1や特別に4頭に絞れない時は5頭BOXで買うこともあるのだが、5頭BOXだと60点。これで1日買うと、3場開催だと、1日の投資が10万を越えてしまう。1頭軸の4頭流しマルチだと36点。2頭軸の3頭流しマルチだと18点。試行錯誤の末、今のスタイルの4頭BOXにしたのだが…。

まだまだ、買い方には一考の余地がある。確実に回収できるのなら、5頭BOXでもいいのだが、オケラが2週間続くと…。今年は2週間オケラは1回だけ。なにかしらヒットはしているのだが…。5頭BOXにした場合、どのくらい的中率がUPするのか。実際にやってみないとわからない。新潟2歳Sを取った時のような(2頭の1、2着裏表から5頭流しで10点)買い方もあるのだが。でもこれは4頭BOX買った上に気になって追加購入したもの。

予想のスタンスは変えることは出来ないから、買い方をどうするかだ。いかに確実にプラスに持っていくか。当分は今のスタイルで行こうと思ってはいるのだが。

三連単がなかった時代は、堅いところに2万、3万と入れていたのだが、三連単が導入されてからは、100万馬券を狙って穴狙い。でも、無謀な穴は狙っていない。年間5本も取れば、プラス500万は可能だ。堅いところにドカンと行くのもひとつの手なのだが。

来年はいつものように5日の金杯から。プラス500万(本当は1000万)、目指して頑張ります。

|

« 有馬記念 マツリダゴッホ制覇 | トップページ | 花の慶次 あろうことか… »

競馬」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

競馬での年末収支、素晴らしいですね!
緻密な計算の上の購入、「好機」「勝利」という慶次につながるものを感じます。
私は全く競馬はやらないのですが、敬服するのみです。

さて本日慶次戦の報告です

友人と連れ立って、MHへ
今追いかけてる台へ速攻着席です

昨日当たり回数は34回(2Rカウントせず)ですが、グラフを見ると5回の当たりを引いています
あんまり連荘していません

今日はどうなるか?
60回転に慶次SU5をはずし、いやな感じ

でも初当たり
310回転 ものチャンでいつもどおり押さなかったら、真田へ
白白 カットイン大 役物可動でふへん700発

そのあととてもふへんが多く、当たり13回中ふへん7回、15R4回というお粗末

連後、303回転
直江青セリフ×2、バラケ目「735」光ってものチャン、
なんと7テンパイ 図柄大 押さずに直江 白白 カットイン大で役物可動するもはずれ。。。
ふへんも復活もなし!
これは痛い!
そのあと、なにも来ず、2箱残して撤収です

友人の台は、1192回転で「勝利」で当たり、なんとか投資を取り戻せそうでした

慶次、恐るべし
でも当たったので、まぁ楽しかったです!
キセルを自台で見なかったのが、残念です

来年も傾くつもりです!

投稿: HORIKO★ | 2007年12月24日 (月) 19:50

キセル予告や、おまつリーチ、松風リーチを見れると、負けてもまあ納得できます。

昔、海物語で魚群見れたからいいやみたいな。

打ったからには1度は見たいですよね。

もののふチャンス。7で停止したら直江には行かない方が当たります。直江だと、目が六、七、壱になっちゃいますから。6で停止してた方が当たります。目は、五、六、七。

7で停止したら、「大儀であった」(15R大当たり確定)が出るのを期待。で、なければ、奥村か真田になることを祈りましょう。

投稿: Gakubooh | 2007年12月24日 (月) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/17458857

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年の競馬はプラス:

« 有馬記念 マツリダゴッホ制覇 | トップページ | 花の慶次 あろうことか… »