« フェアリーステークス | トップページ | アポロティアラって・・・ »

2006年12月18日 (月)

インテルナシオナル 世界一

クラブワールドカップ、3位決定戦、決勝の2試合見てきました。バルサ、負けちゃいました。インテルナシオナルが1対0で勝利。ロナウジーニョ、デコは徹底的にマークされて、ボールは支配するものの、決定的なチャンスを作る事ができなかった。インテルナシオナルはデフェンスがスピードがあり、高さもあった。さすがに南米のチームは侮れない。エトー、メッシがいれば・・・。ジュリにしても、グジョンセンにしても、へた。スピードはあっても、フォワードとしての、絶対的なものがない。サビオラはつかえなかったのか。シャビももっとはやく投入してもよかったのでは。まあ、勝ったインテルナシオナルはさすがにブラジルのチャンピオン。強いし、速いし、堅い。アレッシャンドレだけではなく、イアルレイ、ルベンスらがいい選手がいっぱいいた。いつものサッカーができなかったバルサと守ってカウンターを狙ったインテルナシオナル。南米に凱歌があがった。

Pc170046_1

|

« フェアリーステークス | トップページ | アポロティアラって・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/13105726

この記事へのトラックバック一覧です: インテルナシオナル 世界一:

« フェアリーステークス | トップページ | アポロティアラって・・・ »