« 勝てる台って | トップページ | きょうは(BlogPet) »

2006年12月14日 (木)

FCバルセロナVSインテルナシオナル

クラブ世界一決定戦は予想通りのバルサとインテルナシオナルの決勝戦になった。っていうか、そうじゃなきゃ、いけないんだけど。だったらヨーロッパと南米だけの、従来のトヨタカップでいいじゃんと思う。

今日のバルサはいつものバルサだった。ロナウジーニョは完全に調子を取り戻したし、デコもよかった。デフェンスの位置が高いから、オフサイドぎりぎりで、裏を取られて、危ない場面もあったが、まずは順当な勝利だった。ただ、相手が決定的なチャンスを2度ほどはずしてるので、インテルナシオナル相手だと、そこを突かれると失点も覚悟しなければならない。特に17歳の新星、アレシャンドレは要注意だ。しかしブラジルといい、アルゼンチンといい、凄い選手が次から次へと出てくる。

17日、7時、キックオフ。うーん、わくわくするなあ。できれば、ピッチコンディションがいい状態でやらせたい。見るのも雨だと、やだもんな。でも日曜日は寒くなりそうだから、重装備で行かなければ。

|

« 勝てる台って | トップページ | きょうは(BlogPet) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/13070968

この記事へのトラックバック一覧です: FCバルセロナVSインテルナシオナル:

« 勝てる台って | トップページ | きょうは(BlogPet) »