« エリザベス女王杯 | トップページ | アジアユース決勝 »

2006年11月13日 (月)

カワカミプリンセス

まさかの1着からの12着、降着。外へ出していても勝てたレースだったのに、本当にもったいない。なぜあそこで内に切れ込んだのか。メジロマックイーン以来のG1レースでの降着。うーん。それにしても、想像以上に強いレースだった。牝馬相手では、もう負けることはないのではないか。去年のシーザリオも強かったがそれ以上の強さかもしれない。それに比べてスイープトウショウはだらしなかった。フサイチパンドラを捕まえきれなかったはどういうことか。切れ味が殺がれるような馬場だったとはいえ力でねじ伏せて欲しかった。往年の力はなくなったということか。

カワカミプリンセスはこのあとどういうローテーションをとるのか。こうなったら、ジャパンカップ、有馬記念を使って欲しい。牡馬の一線級との戦いを見てみたい。結果は12着だが、馬自身は6戦無敗だと思っているに違いない。

今日もまた、東京最終レースの馬単のみの的中でした。スランプ? まさか。ヘタなだけ。来週からは競馬必勝法でのぞみます。三連単で100万馬券を当てようと振り回してきたけれど、着実にプラスになるような馬券で挑みます。競馬必勝法ってあるのか。

|

« エリザベス女王杯 | トップページ | アジアユース決勝 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/12664988

この記事へのトラックバック一覧です: カワカミプリンセス:

« エリザベス女王杯 | トップページ | アジアユース決勝 »