« そういえば(BlogPet) | トップページ | キャッツ »

2006年11月 2日 (木)

チャンピオンズリーグ

バルサVSチェルシーは2対2のドロー。試合終了間際にチェルシー、ドログバの同点ゴールでバルサにとっては痛い痛いドローだ。これでグループAはチェルシーが勝点10で1次リーグ突破がほぼ確定。ブレーメンが勝点7で2位。バルサは勝点5で3位に転落。残り2試合負けられくなった。エトーのケガは確かに痛いが、ライカールトはなぜサビオラを使わないのだろうか。好き嫌いを言ってるいる場合じゃないだろう。一度、戦力外だと発言したことにこだわっているのか。この戦力で1次リーグ敗退(まあ、ないと思うが)でもしようものなら、何をかいわんやである。

他グループはビッグクラブが順当に勝ち残っている。俊輔のセルテックは今夜のベンフィカ戦に勝てば1次リーグ突破が決まる。決勝トーナメントでの俊輔を見てみたい。

|

« そういえば(BlogPet) | トップページ | キャッツ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/12521228

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンズリーグ:

« そういえば(BlogPet) | トップページ | キャッツ »