トップページ | 天皇賞 »

2006年10月22日 (日)

菊花賞

メイショウサムソンの三冠ならず。 皐月、ダービーは勝ったが、抜けた馬ではなかった。   それにしても、三冠がかかったレースだというのに、関心の低さはどうだろう。ディープインパクトの扱いとの違いは何だろう。雑草魂、日本人が最も好むキャラなのに。マスコミに躍らされているだけの競馬ファンなのか。

本命に推したアドマイヤメインは三着。馬券は完敗だった。スプリンターズS,秋華賞と秋G1は連勝だったが。

さて今週は天皇賞。ディープインパクトの動向が気になる。登録だけだと思っていたのだが、薬物騒動が持ちあがって、さてどうする。出てきたとしても、本命にはしないが。そもそも世代ではトップクラスの馬でも、歴代最強とは思っていない。回りが弱すぎるのだ。一つ上の世代にしても、三冠で一つも勝てなかったハーツクライがトップなのだから。

凱旋門賞は日本馬が勝てるところまできている。エルコンドルパサーは、馬場がよければ勝っていただろうし、ディーブインパクト、ハーツクライが本気で勝ちに行ったら勝てるのではないかと思っている。日本馬が凱旋門賞を勝つ日はそう遠くないと思っている。

|

トップページ | 天皇賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

もっくんは、大きい雑草魂とか、トップクラスなどをメイショウサムソンしたかった。

投稿: BlogPetのもっくん | 2006年10月23日 (月) 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/12378837

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞:

トップページ | 天皇賞 »