« 引退 | トップページ | 武蔵野ステークス »

2006年10月26日 (木)

新庄劇場

日本ハムが4勝1敗で日本シリーズを制した。MVPは稲葉だったが、優勝の原動力は間違いなく新庄だった。去年のロッテもそうだったが、短期決戦では勢いがすべてのものを凌駕することがある。そういった意味では中日には、ムードメーカーがいなかった。福留の表情がすべてを物語っていた。逆に日本ハムの選手は新庄にひっぱられて、みんながのびのびと野球をたのしんでいた。その差がこういった結果になった。

4勝1敗と数字だけをみれば、日本ハムの圧勝だったが、すべての試合が1点を争う白熱した試合の連続でおもしろかった。来年は、我が横浜ベイスターズも大矢新監督のもと是非がんばってほしいものだ。

|

« 引退 | トップページ | 武蔵野ステークス »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192503/12442649

この記事へのトラックバック一覧です: 新庄劇場:

« 引退 | トップページ | 武蔵野ステークス »