2018年2月18日 (日)

フェブラリーS

フィギアの7男子で金、銀のダブル表彰台。羽生君の精神力には脱帽。

いやあ、すごかった。フリーではちょっとしたミスも出たが、感動した。なかなか金が出なかった今大会だったが、さすが羽生。

一方、将棋の羽生永世7冠は藤井君に負けた。藤井君も凄いな。まだ15歳、7これからドウいう風に育っていくのだろうか。

さて、競馬は今年初のG1。取りたいなあ。

東京11レース フェブラリーS

ゴールドドリーム、2、4倍。テイエムジンソク、3、8倍。サンライノヴァ、7、5倍。

もう少し、サンライズノヴァが人気になって3強の様相を呈すのかと思ったら…。

ここは思いきってレッツゴードンキを本命に。

ダートは川崎のJBCクラシック以来2度目だが、あの時よりは東京のダートなら走れるのではないか。

去年の中央G12勝のゴールドドリームはどうも人気ほど信用しきれない。またムーアが乗るのは怖いが…。

先に行けるテイエムジンソクを対抗に。こちらは本当に力をつけた。古川ジョッキーは火曜日の競馬で騎乗停止も中止になった影響で火曜日開催のおかげで停止期間が1週ずれて今週は騎乗可能に。ツキもある。

7歳、8歳の実績馬はすべてオミット。

まずはドンキの単勝。

馬連はドンキ、ジンソクの1点。

ケイティブレイブ、サンライズノヴァ、ゴールドドリームを3連単の3着欄に。

小倉11レース 小倉大賞典

1600万を勝ったばかりのトリオンフが異常な人気に。ここは切り。

内枠を引いたダノンメジャー本命。

ウィンガナドル対抗。

大穴にクラリティスカイ。

京都11レース 大和S

人気だがコウエイエンブレムで仕方がないか。

相手にナンチンノン、サイタスリーレッド。以外に人気になっているのが気にくわないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

京都記念

今週は3日間開催。今日はオケラ。

さて、明日は…。

京都11レース 京都記念

ここから我がレイデオロが始動。このあとはドバイへ。秋には凱旋門賞か。

ここは楽勝してほしい。

馬券は3連単。レイデオロから、クリンチャー、クロコスミアへの2点。

東京11レース 共同通信杯

今年のクラシックはおもしろい。

先週はサトノフェイバーが2連勝で重賞制覇。無敗馬が何頭かいて対決が今から楽しみだ。

ここは新馬、京都2歳Sと連勝のグレイルがいる。その前走はG1ホープフルSを勝ったタイムフライヤーを差し切り。大物感があった。

ここも無傷の3連勝が期待できる。

対抗はそのホープフルSで3着に食い込んだステイフーリッシュ。坂を上がってから伸びてきた。前進がある。

穴は馬場を味方にしそうなコスモイグナーツ。悪くなればなるほどいい。極端に悪くなればあっと驚く逃げ切りも…。

京都4レースの3歳500万下のダート1800に出走のベストマイウェイ。走ってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

平昌オリンピック

冬季オリンピックが始まる。

今年はオリンピックにワールドカップ。さらにはベイスターズも楽しみだ。

まずはオリンピック。

今回は金5、6個はいけるんじゃないかと思っている。

まずはスピードスケート。なにがあるかわからない怖い競技だが、ふつうに滑れば小平の500は固いだろう。最初の1000も高木とのワンツーもある。

さらに、高木の1500、3000も期待できる。ズバリ、1500は金、3000は胴でどうだ。

女子パシュートも金。

スピードスケートで金4つ。

複合も渡部もジャンプでリードを奪えば金。これで5つ。

あとはスノーボードで1個は取れそう。若い力が爆発すれば、3個、4個の可能性も。

メダルラッシュだあ。

ただ、気がかりはフィギア。

羽生君は団体戦に出られないようじゃ厳しいんじゃないか。過度の期待は酷なのでは。ただ宇野君もいるし、うまく回れば。

女子はメダルが取れれば。

ジャンプの男子は厳しい。女子の沙羅ちゃん、伊藤さんもメダルが取れればといったところだろう。予想は覆すような活躍をしてほしいが。

全体のメダル数は過去最高を軽く超えるのでは。

今回のオリンピックは非常に楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

東京新聞杯

昨日の東京10レースは、2、3着の11番人気、9番人気は買っていたのに1番人気1着の馬が抜けた。うーん、あいかわらずだなあ。

さて、気を取り直して。

東京11レース 東京新聞杯

クレーターロンドン、ダイワキャグニーの1点でいいかな。でも人気だしなあ。

ここは荒れそうな予感もする。

ここはトウショウピストの逃げをねらってみる。単、複で勝負してみよう。

馬連、3連単は3頭のBOXで。

京都11レース きさらぎ賞

今年のメンバーは1勝馬ばかり。カツシがデイリー杯2着の星があるがかなり低調なメンバー構成。頭数も10頭と揃わなかった。

買う馬がいない。

ここは萩Sでタイムフライヤーの2着があるオーデットエールの単、複で遊んでみる。まあ、もっとも0秒7もちぎられているから大きなことは言えないが、今の荒れた馬場がプラスに働けば。

新馬勝ち後のサトノフェイバー、ダノンマジェスティはここでいい競馬をすればクラシックへの展望も開ける。

カツジ、グローリーヴェイズも今後のためにも賞金を加算したいところ。

馬券的には買いたいレースではないが、そのレース自体は見逃せないところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

根岸S

東京11レース 根岸S

行くのは地方競馬のラブバレットか、ノボバカラかサイタスリーレッド。まあいずれにしてもそんなに早くなるまい。

好位から進めばアキトクレッセントの連勝に期待できる。

追い込み馬の人気勢はすべて消し。

先行く、ノボバカラ、サイタスリーレッドへ。

京都11レース シルクロードS

4歳馬のカラクレナイを狙っていたが、人気になりすぎの感も…。

ちはやふる神代もきかず竜田川からくれないに水くくるとは。カラクレナイに水口で、セカンドテーブルの1点で勝負をしようと思っていたが…。

さて、どうしようか。

あと気になるのはナックビーナス、アットシーサイド、セイウンコウセイあたり。

セイウンコウセイは58キロが、アットシーサイイドは今の京都の馬場が気になる。

セカンドテーブル、カラクレナイ、ナックビーナスの3頭BOXで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

栃ノ心、優勝。ちょっと感動した

いろいろと問題があった大相撲。

場所前の日馬富士の暴行問題による引退。

さらに、白鵬が張り手、かちあげが横綱にふさわしくないと文句をつけられ封印。3日目から連敗して休場。

これっておかしくない。張り手もかちあげも立派な技のひとつなのに。白鵬のかちあげがエルボーのようだと言うのなら反則を取ればいい。

そもそも、横綱は変化はダメというのはおかしい。だったら、舞の海のような子兵力士は横綱になるなと言っているようなものだ。

変化だって、立派なわざのひとつだ。けたぐりやけ返しをあやつるような大関、横綱を見てみたい。

そういえば、最近内無双、外無双を使う相撲取りがいない。おもしろい相撲を見たい。

稀勢の里はもう引退したほうが…。

すぐにでも横綱になると思われた照ノ富士も十両に陥落してしまう。

期待した阿武咲もケガで休場。宇良も十両で全休。復活した安美錦もまたケガだ。

そんななか、栃ノ心の優勝はこころに刺さる。

自身、大けがで幕下まで陥落したあと、復活して幕内に戻ってきた。

四つに組めば、一二の力を持っていると思っていた力士。今場所は立ち合いもよかった。

体もよく動いていた。

グダグダになりそうな場所を救ってくれたのは間違いなく栃ノ心だ、

感動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

アメリカJCC

中山11レース アメリカJCC

かつては重厚な重賞だったが、昨今は…。

今年のメンバーもかなり小粒な…。

ここからG1を狙えそうな馬は見当たらない。ならば、遊んでみる。

マイネルミラノとトミケンスラーヴァの行った行った。

直線を向くまで楽しめれば、あとはあわよくば。

馬連とワイドで買ってみます。

京都11レース 石清水S

クライムメジャーで仕方がないか。

相手にニシノラッシュ、エントリーチケット。

中京11レース 東海S

初G1挑戦のチャンピオンズカップでも2着と崩れなかったテイエムジンソク。その強さは本物か。ここは断然人気でも消せない。

相手を捻って、コスモカナディアンとアスカノロマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

京成杯

中山11レース 京成杯

デビューから3、1、1着のジェネラーレウーノ。このメンバーならぶっちぎってほしい。今や我がPOG馬のエース格。ここを勝ってクラシックへ。

相手にコスモイグナーツとダブルシャープ。

京都11レース 日経新春杯

G2なのに、かなり低調なメンバー。天皇賞で勝負になりそうな馬が見当たらない。4歳馬の参戦もない。

逃げるロードヴァンドール本命。

菊花賞6着があるベルーフ。1000万を勝ったばかりだが、軽量52キロのガンコ。

中京11レース 知立特別

アイファープリティ、ディスティニーソング、トーホウハニーの3頭BOX。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

フェアリーS

昨日の金杯は完敗。今年も多難な年になりそうな…。

中山11レース フェアリーS

重賞とはいえ、すべて1勝馬による一戦。オープン馬もアルテミスS2着があるサヤカチャンだけ。

どこからでも狙えそうだが…。

欣ちゃんの持ち馬、ジョブックコメン本命。

対抗にスカーレットカラー。

大穴はシスル。

3頭のBOXで。

京都のメーン、万葉Sは好きなレースだが、今年はメンバーも薄く馬券的妙味もまったくない。見るレースか。

中山10レース ポルックスS

明け7歳馬のリッカルドの激走に期待。

初ダートのリアファル。菊花賞3着のレースは強かった。こんなところで走る馬ではないはずだが、ケガでもう6歳、ダートで復活できるか。

まともなら、センチュリオン、アルタイルだが…。

ここはリッカルドの単複で勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

ホープフルS

有馬記念はキタサンブラックの快勝で大団円で終わった。

2着のクイーンズリングは買えない。もう1度やっても買えない。仕方ない。

有馬が終わっても今年はもう1日ある。気を取り直してホープフルS。

中山11レース ホープフルS

ジャンダルム、言わずと知れたビリーヴの仔。2戦2勝。本命と行きたいところだが、人気を背負って15番枠。距離の心配はさほどしてないが、ここも武豊だとちょっと出来すぎの感も…。人気だし来たらしょうがない。切ります。

本命はこれも2戦2勝のサンリヴァル。1800、2000と距離を伸ばしているのもいい。先行有利の馬場も向く。

相手には新馬を勝ったばかりの2頭。トラインとスティフーリッシュ。前者は1800。後者は2000の距離を逃げて最速の上がりを繰り出して快勝。そんなに人気もない。未知の可能性に賭けてみる

あと1頭足せば、2戦2勝のジュンバルロ。

で時計も勝ち方も平凡だが、いかにも穴を出しそうなタイプ。

そうだ、今思いついた。ジャンダルムも加えて無敗馬5頭のBOXにしよう。

一度は切ろうと思ったジャンダルムだが、無敗馬4頭買って残る1頭がきたら悔いが残る。

阪神11レース ペテルギウスS

ダート1800のオープン特別。なんだかつかみどころのないメンバー。

マイネウバサラ、ドラゴンバローズで行こうと思ったら、1、2番人気。あれええ、どうしようかな。この2頭の馬連が8、2倍。うーん、悩ましい。

でも他に魅力的な馬もいないし。

穴を出せば初ダートのアダムバローズだろうが…。

マイネルクロップも人気を落とし過ぎているから面白いが、59キロじゃ無理だろうな。

ならば、先に行ける去年の3着馬のヨヨギマック。12番人気の単勝51倍、おっ。

さらにケンベストカフェあたりもうまく逃げれば。こちらはちょっと穴人気になっているだけに買いづらいが…。

で、結局わからない。

直前に前記の馬の中から気分で買うことにしよう。

中山の最終レースはエルプシャフト、エフティスパークルの1点。

今年最後の阪神最終レースはぺスカネラの単勝。

ヴェネト、ニシノラッシュへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«有馬記念